転職して着々とキャリアアップを図る

 日本社会では、転職するというと何だかマイナスなイメージを持たれることが多いと思います。1つの会社でじっくり腰を据えて働くことが、美徳のように扱われているからです。ところが欧米諸国では、キャリアアップのために人々は転職を繰り返します。会社側もその人が今までに何社で働いてきたかというよりも、どんな仕事をしてどんなキャリアを持っているかに注目します。ですから、例え多くの会社を転々としてきても、それなりにキャリアを積んでいたならばOKなのです。

 我が家の夫も後者のタイプで、今までに転職を繰り返してきました。各会社では様々なスキルを見につけキャリアアップし、さらにもっと自分を高く買ってくれる会社に転職していったというわけです。面白いことに、今まで夫が働いてきた会社は全て外資系です。日系の会社よりも外資のほうが、転職に関して受け入れが寛容なのだそうです。また実に様々な人材が集まっているので、自分自身のさらなるキャリアアップのためにも働きやすい環境だと言っていました。転職し着々とキャリアアップを図っている夫を見て、こういう働き方が日本の社会にももっと定着すれば良いのにと思いました。